日付・日時フィールドに年、月、日を足したり引いたりした結果を別の日付・日時フィールドにセットするプラグインです。
カレンダーPlusプラグインに対応しています。

動作イメージ

基準フィールド(日付または日時フィールド)にプラグイン画面で設定した年数、月数または日数を加算・減算した結果を反映フィールド(別の日付または日時フィールド)にセットします。
下図では、基準フィールドに対し2年の加算設定を行っています。
基準フィールドの値を変更したタイミングで計算結果を反映フィールドへのセットを行います。

【値変更時の使用イベント(参考 cybozu developer network)】
レコード追加画面のフィールド値変更時イベント
レコード編集画面のフィールド値変更時イベント
レコード一覧画面のインライン編集フィールド値変更時イベント

プラグイン設定

設定項目 説明
プラグインログ
ログアプリID
プラグインエラーが発生した場合
「プラグインログ機能について」のページを参照してください。
基準フィールド 加算や減算の元になる日付または日時フィールドを選択します。
計算方法 +かーのどちらかを選択します。
+ー数 加算または減算する値を整数で入力します。
単位 年、月、日をいずれかを選択します。
反映フィールド 計算結果を反映させる日付または日時フィールドを選択します。
基準フィールドと反映フィールドのタイプは同じにしてください。
フィールドにはユーザーの編集権限が必要です。

制限事項等

  • ライセンス有効状況確認のため、外部サーバーと通信を行います。
  • 同一アプリに他のJavaScriptカスタマイズやプラグインが設定されている場合、正しく動作しない可能性があります。正しく動作しない場合は、他のJavaScriptカスタマイズやプラグインを外してご利用ください。
  • カレンダーPlusプラグイン対応について
    カレンダーPlusの画面で登録変更を行ったレコードについては、カレンダーPlusの開始日時のフィールドまたは終了日時のフィールドに設定されている基準フィールドのみ動作します。

    例)下記設定でカレンダーPlus画面で新規登録を行った場合は、日付計算プラグインの設定①は動作しますが、②は動作しません。
    日付計算プラグインの②の動作が動かないため、納入日に初期日付が設定されていたとしても、在庫計上日はセットされません。
    【日付計算プラグインの設定】
    ①基準フィールド:製造日 反映フィールド:点検日
    ②基準フィールド:納入日 反映フィールド:在庫計上日
    【カレンダーPlusの設定】
    開始日時のフィールド:製造日 終了日時のフィールド:有効終了日

プラグインダウンロード

日付計算プラグインのダウンロード

有料版プラグインのご利用について

更新情報

日付 バージョン 内容
2020/09/19 1 初回リリース(カレンダーPlus v12.0で動作確認)

ログ記載内容・想定されるエラー等

値変更イベントカレンダーPlusイベントプラグイン設定保存イベント
【イベント】app.record.create.change.基準フィールド, app.record.edit.change.基準フィールド, app.record.index.edit.change.基準フィールド
想定されるエラー ログ記録
・フィールドが削除された
・フィールドコードが変更された
・フィールドの参照権限がない
・日付計算時に想定外エラーが発生
※エラー判定となりますが、更新ボタンを押すと反映先フィールドの値は計算されないまま登録されます。
Error
・反映先フィールドに更新権限がない
※エラーにはならず、反映先フィールドの値は計算されないまま登録されます。
なし
【イベント(カレンダーPlus)】cp.create.submit, cp.edit.submit, cp.duplicate.submit
想定されるエラー ログ記録
・フィールドが削除された
・フィールドコードが変更された
・フィールドの参照権限がない
※エラーにはならず、カレンダーPlusのデータ更新も行われますが、反映先フィールドの値は計算されません。
なし
・反映先フィールドに更新権限がない
※カレンダーPlusのエラーメッセージが表示され、レコード登録できません。なお、かりんこラボプラグインではエラーが検知されません。
なし
【イベント(プラグイン設定保存)】caryncolabo.plugin.config.submit
ログ内容 ログ記録
・設定内容がJSON形式で書き込まれます。 Information