レコードが変更されたことを知りたい場合、設定画面から「通知」→「アプリの条件通知」で、「レコードの編集」にチェックを入れることで通知を受けとることが出来ます。

この設定で少し不便な点は、すべてのフィールドに対しての変更であること。
例えば、顧客マスタで「住所」というフィールドが変更されたときだけ知りたい、なんてことがあります。
ですが、「住所」以外の項目が変更されたときまで通知が届いてしまい、本当に必要な通知がどれなのかわからなくなってしまいます。

このプラグインは、そんなときに役立つプラグインです。
特定のフィールドだけの変更を検知し、スレッドにコメント投稿、またはアプリに登録を行います。

動作イメージ

通知先に「スレッド」を選んだ場合

変更があった場合に、指定したスレッドにこのようなコメントが投稿されます。
プラグイン設定で、宛先を指定しておくと、投稿時に通知が送られます。

変更URLをクリックして変更内容を確認することができます。

通知先に「アプリ」を選んだ場合

変更があった場合に、アプリに変更履歴URLが登録されます。
更新者は、Administratorになります。

プラグイン設定

設定項目 説明
プラグインの有効化 設定は保存しておくが、プラグイン自体は動かしたくない場合、チェックを外します。
通知先 スレッドまたはアプリから選択します。
スペースID 通知先に「スレッド」を選んだ場合に、必須です。
通知を投稿するスレッドのスペースIDを入力します。
レコードを変更するユーザーが、そのスレッドにコメント投稿できる権限が必要です。
スレッドID 通知先に「スレッド」を選んだ場合に、必須です。
投稿先のスレッドIDを入力します。
アプリID 通知先に「アプリ」を選んだ場合に、必須です。
登録先アプリIDを入力します。
アプリAPIトークン 通知先に「アプリ」を選んだ場合に、必須です。
登録先アプリに設定したAPIトークンを入力します。
APIトークンの設定方法は、https://jp.cybozu.help/k/ja/user/app_settings/api_token.htmlを参照してください。
アクセス権に「レコード追加」を指定してください。
フリーテキスト 特定の文言を入力します。
通知先に「スレッド」を選んだ場合は、変更URLの前に付加されます。
通知先に「アプリ」を選んだ場合は、登録先アプリの「フリーテキスト」フィールドに登録されます。
宛先

宛先のタイプは、ユーザー・組織・グループから選択します。
コードは、それぞれ宛先のコードを正しく入力します(大文字小文字も区別されます)。
コードは、cybozu.comの画面で確認できます。
ユーザーの場合は、ログイン名です。組織の場合は、組織コード、グループの場合はグループコードが設定されています。

通知先に「スレッド」を選んだ場合は、投稿に宛先が追加されます。
通知先に「アプリ」を選んだ場合は、アプリの「ユーザー」、「組織」、「グループ」フィールドに設定されます。通知設定でこれらのフィールドを通知先に指定しておくことで、標準の通知が送られます。

変更検知フィールド 変更を検知したいフィルドを選びます。
テーブルフィールドは選択出来ません。

通知先アプリの設定

通知先にアプリを選択した場合は、下記フィールドを設置したアプリを作成してください。
フィールドがなかったり、フィールドの種類とフィールドコードが誤っていたりすると、登録出来ません。フィールド名は自由に設定してかまいません。

フィールドの種類 フィールドコード 記録する内容
ユーザー選択 MODIFIED_BY レコードの変更者
リンク
(Webサイトのアドレス)
HISTORY_URL レコードの変更履歴URL
文字列(1行) FREE_TEXT プラグイン設定画面で設定したフリーテキスト
ユーザー選択 USER_MENTIONS プラグイン設定画面で設定したユーザー
組織選択 ORGANIZATION_MENTIONS プラグイン設定画面で設定した組織
グループ選択 GROUP_MENTIONS プラグイン設定画面で設定したグループ

更新情報

2019/04/18 バージョン1 リリース

プラグインダウンロード

こちらからダウンロードしてご利用ください。

変更通知プラグインのダウンロード