kintone標準機能のちょっと足りないところを埋めてくれる、JavaScriptカスタマイズとプラグイン。

JavaScriptカスタマイズは、カスタマイズ対象のアプリが単独だったり、軽微なカスタマイズが多数必要だったりするときにとても便利です。
一方、プラグインは以下のようなことが良いところだと思います。

プラグインのいいところ

  • JavaScriptが書けなくても使える
  •  同じカスタマイズを必要としているアプリが、社内に複数ある
    • ほぼ同じアプリだけれど、組織毎に別々のアプリにしているような場合
    • さまざまなアプリ共通で同じカスタマイズ機能を使いたい場合
  • アプリの設計変更が多い場合は、JavaScriptを都度修正するよりプラグイン設定変更のほうが楽。
    • 業務改善を進めるため、使いながらアプリの設計を修正する頻度が高い
    • カスタマイズ機能についても変更が多い

セミオーダーを始めたわけ

現状プラグインの困りごと

プラグインは、先程書いたような良い面がある反面、こんなことが悩ましいところではないでしょうか?

ジャストフィットすれば既存のプラグインが使えるが、あと少しがフィットしない

  • 余分な機能がある
  • 例えば、作成日時フィールドを選びたいのに、日時フィールドしか対応されていないなど、機能が足りない
  • 自社の業務運用ルールやアプリの固有状況を取り込んだ設定をしたい

通常、販売するプラグインは汎用的につくられているため、このような困りごとがでてきます。
イチからの個別のプラグイン開発を依頼するとなると、最初のイメージを伝えるところから始まり、コストもそれなりにかかってしまいます。

それを解決する手段としてのプラグインセミオーダー

ベースとなるモデルプラグインをあらかじめ持っておくことで、比較的低コストでジャストフィットするプラグインが提供可能です。

セミオーダーのメリット:プラグインのマイナス部分を解決

  • 開発コスト:小
  • やりたいことにジャストフィットした機能が提供される
  • 既に出来上がっているプラグインがあることによって機能のイメージがしやすい

プラグインセミオーダーについて

セミオーダーの対象となる基本プラグイン

こちらのページからダウンロードできる、かりんこラボで提供しているkintoneプラグイン(有料・無料)が対象です。

カスタマイズのご依頼方法

まずはプラグインをお試しいただき、その後こちらのお問い合わせページより、ご連絡ください。
プラグインに追加したいカスタマイズ内容、利用シーンなどをお知らせください。
追ってカスタマイズの具体的内容、お見積りを返信致します。

どういうカスタマイズが良いのかお悩みの場合でも構いません。
やりたいこと、業務のイメージ、現在困っていることなどをご相談いただければ、カスタマイズ内容をご提案致します。

費用

個別でのお見積りとなります。

年間ライセンスの有料プラグインにカスタマイズを追加する場合は、初回に年間利用料とセミオーダー分料金をお振込いただきます。

【参考】無料プラグインへのセミオーダーの場合
バージョンアップなしの買い取り価格は、30,000円〜
バージョンアップありの価格は、年間30,000円〜

※バージョンアップとは、kintone標準機能の仕様変更に対応した改修や、機能追加・不具合対応です。

お問合わせページはこちら