プロセス管理でステータス履歴をサブテーブルに記録するプラグインです。

※モバイルは非対応です。モバイル対応版は有償の「プロセス管理履歴記録Proプラグイン」が近日公開予定です。

動作イメージ

プロセス管理でステータスの変化が起きるタイミングでフォーム上に配置したテーブルに履歴を記録します。記録できる項目は下記の4つです。

  • 日時・・・ステータスの変化が起きた日時を日時フィールドに記録します。
  • ステータスの変化・・・何から何のステータスへの変化だったかを文字列(1行)フィールドに記録します。
  • 作業者・・・誰がステータス変更したかをユーザー選択または文字列(1行)フィールドに記録します。
  • 経過時間・・・前のステータスの変化から今回のステータスまでの経過時間数を数値フィールドに記録します。(プロセス管理の作業者が「次のユーザー全員」となっている場合、自分の直前に承認した作業者からの経過時間になります)

プラグイン設定

  1. フォーム上にテーブルを作成します。動作イメージの欄にある4つの項目が記録できますので、必要な項目のフィールドだけでテーブルを作成します。
    テーブルのフィールドコードはプラグイン設定画面で必要になります。

  2. プラグイン設定画面に移ります。まず、フォーム上に設定したテーブルのフィールドコードを選択し、テーブル確定をクリックします。

  3. テーブル確定をクリック後に、記録項目の設定欄が表示されます。
    「記録対象」は「記録する」か「記録しない」を選択します。
    「フィールド名」にはテーブルの対応フィールドを選択します。

制限事項等

  • 同一アプリに他のJavaScriptカスタマイズやプラグインが設定されている場合、正しく動作しない可能性があります。正しく動作しない場合は、他のJavaScriptカスタマイズやプラグインを一旦外して動作を確認してください。
  • PCのみ対応しています。モバイルでステータス変更した場合は、何も記録されません。
  • テーブルに記録される日時はPCの日時です。kintoneのステータス履歴の日時とズレる可能性があります。
  • 記録先に指定したテーブルの項目は編集不可となります。
  • ステータスの変化ではありませんが、レコードの新規作成時にも記録されます。
  • 経過時間は、テーブルの最終行にある日時フィールドから今回の日時を差し引いて計算しています。ステータスの途中から記録を始めた場合やテーブルの行追加や削除を行った場合など、テーブルの最終行の日時が取得できないときは計算できません。
  • ステータスを進めるユーザーにレコードの編集権限が必要です。(2019/10/23追記)

更新情報

2018/04/08 バージョン1 リリース

プラグインダウンロード

こちらからダウンロードしてご利用ください。

プロセス管理履歴記録プラグイン無料版のダウンロード

使い方の参考例をこの記事で紹介しています!