選択したフィールドの内容をメールに転記するプラグインです。

動作イメージ

画面上のメール作成ボタンをクリックすると、プラグイン設定画面で指定した項目が転記されたメールが起動します。

プラグイン設定

1.プラグイン設定画面の設定前に、フォーム上にスペースフィールドを配置し、「要素ID」を入力して保存します。この位置に「メール作成」ボタンが作られます。

2.プラグイン設定画面で以下を設定します。

設定項目 説明
ボタン用スペース フォーム上に設置したスペースフィールドを選択します。
メール件名 メール件名のフィールドがあれば選択します。添付ファイル、テーブルのフィールド、関連レコード、ラベルは選択できません。選択無しでもOKです。
宛先アドレス 宛先のアドレスのフィールドがあれば選択します。文字列(1行)フィールドかリンクフィールドのメールアドレス設定が選択できます。選択無しでもOKです。
フィールドタイトル装飾 転記フィールドのタイトルの装飾があれば入力します。左が「【」、右が「】」と設定した場合、「製品名」というフィールドは、「【製品名】」という表示になります。空白でもOKです。後述の「フィールドタイトルの転記」が「する」の場合のみ機能します。
転記フィールド 転記したいフィールドを選択します。添付ファイル、テーブルのフィールド、関連レコード、ラベルは選択できません。上から順番に転記されます。
フィールドタイトルの転記 転記に選んだフィールドのラベルをタイトルとして付けるかどうかの選択です。

制限事項等

  • 同一アプリに他のJavaScriptカスタマイズやプラグインが設定されている場合、正しく動作しない可能性があります。正しく動作しない場合は、他のJavaScriptカスタマイズやプラグインを一旦外して動作を確認してください。
  • WindowsではEdge+Outlook2016、MacはChrome+標準のメールアプリで確認しています。
  • モバイル未対応です。
  • チェックボックスや複数選択のフィールドは、カンマ区切りで転記されます。
  • リッチエディターフィールドの値は色や文字の大きさなどの設定は解除されます。
  • Outlookで文字化けが発生する場合は、Outlookのオプション->詳細設定->文字設定オプション->「mailto:プロトコルでUTF-8をサポートする」にチェックをつけてください。なお、この設定を行っても、パソコン環境によっては、文字化けが発生する場合があります。
  • メールに転記する文字数が多くなると、メーラーが起動しても本文に何も転記されていない、メーラー自体が起動しないなど、転記できない場合があります。
  • Windows10でメーラーが起動しない場合は、こちらも参考にしてみてください。
    メールリンクをクリックしてOutlookを起動するには
    https://hamachan.info/win10/win/mailto.html

更新情報

2018/06/09 バージョン2 リリース

  • リッチエディターフィールドを転記したときに、一部の文字が化ける不具合修正
  • 「転記フィールドのタイトル有無」の選択を追加
  • 「レコードのURL」設定の内部仕様変更(「レコードのURL」を設定されていた場合は、再設定をお願いします。)

2018/04/08 バージョン1 リリース

プラグインダウンロード

こちらからダウンロードしてご利用ください。

メール転記プラグイン無料版のダウンロード